裏日本クラシックカメラクラブ BJCC (AJCC非公認)

旧我楽多写真機 1993年 windows95以前には日本の個人ホームページは約200、クラシックカメラの機巧の詳解に特化したページがアサヒカメラの目に留まり、カラー見開き2ベージを頂いた。以来クラカメの記事を何度か書いたが残念ながら廃刊となった。実はクラカメ以外も道楽者で特に鉄道は筋金入りの蒸汽マニアだ。他にワイン、音楽、銃、帆船とネタには困らない。過去の作品も取り上げて、まぁ気楽にやっていきましょう♪

近くにミシュランひとつ星の鰻屋がある?

このところ、急激にブログの更新が遅くなった。

別にデザインに凝っている訳でもないし、そもそもこれの目的は、あわよくば印刷原稿になれば嬉しいと書き出した。

本来ならテキスト文だけで充分だ。

 

昔、自分のWEBページを持っていた頃は、メモ帳一つで全てのデザインまでもやっていた。

最後には3Dモデリングにまで手を出したが、レンダリングに1時間くらいかかり、とてもインターネットで発信出来る代物では無かった。

それらの記述は殆どメモ帳があれば事足りた。何故ならば HTML文が書ければ保存媒体に制約などないからだ。 ソフトウエアによる自動化は確かにネットユーザーを増やしたのだろう。 しかしそれによって失なったものも考えて見る必要はあるのではないかと。

当時は100%自分でHTMLを打つしか無かった。 それはその後の様にソフトウエアによる制約、もっと言えばそれを提供しているソフトメーカーの制約を全く受けないということだった。

いつの間にか多くのネットユーザーは、制約の中だけの自由というものに疑問すら感じなくなっている。 それはクリエイティブな人間だけでなく、コンピュータに関わる人間の殆どが、出来ない事には、はなから関係無いと諦めてしまっているのだ。 

与えられたデザインなんて 恥ずかしくて出来るか ! テンプレートの組み合わせなど最たるものだ、と考える人が居るとする。 少数だがそれはむしろ健康な発想かもしれない。

 

このブログにもデザインなとどいうアイコンが恥ずかしげも無く貼ってある。と考えるに違い無い。

どの様なユーザーがこれを利用しているのだろうか。 きっと自分の記事も自信に溢れ、更にセンスの良いページにしたくて飾っていることだろうと好意的に解釈する。

別にそれを否定する気は無い。 多くのユーザーが私の記事にはつまらなさを感じるだろう。

 

しかし、共感を感じるユーザーの方も一方ではいるものと、私は一末の希望は抱いている。

 

「Think different」  デザインは白紙からしか生まれてこない。 改造から生まれるものは、既にデザインではない。 皆んな もっとオリジナリティに自信を持て !   作り方は考えろ !!

 

自分が書くと どうしてもアジビラになってしまう。 流石に立て看はもう卒業したけど。

大学生の頃が懐かしい。

今は、メモ帳として、このブログを利用している。

これは完成品では無くテーマ別のデータ一時一時保存場所だからだ。

だからこそ書けないとストレスが溜まる。 それは毎日の雑務が多すぎるからだ。

 

PC自作の記事もあれが目的ではなく、あそこが出発点だ。

実際の運用は問題だらけだ。

まずネットの使えないwindowsXPマシンから数千枚のpsd画像をどうやってwindows10マシン経由でjpgのクラウドに上げる?

まずPhotoshopバッチ処理を使うところまでは誰でも思い浮かべるだろう。

しかし格納フォルダは巨大だし、当時の外付けHDDは容量とドライバという二つの壁がある。

そして最終的にはMacBookというフォーマットの違うデバイスを通してブログに載せる。

時代と機種の違いは色々なルートからのアタックを阻む。 その度にトライアンドエラーで別の可能性を探っていく。

何しろ未スキャンのネガは、まだ一万枚以上残っている。

これをストレス、あるいは重圧と言わないで何と表現したらよろしいのでしょう ??

ブログ書いてる場合じゃないよね ??

 

食う時間、寝る時間がない。

そんな時、面白い情報が偶然入って来た。

美味い食い物屋が極端に少ない街、綱島ミシュランの一つ星を貰った店があると。

そこは昔からあるうちから歩いて行かれる鰻屋だった。

考えてみれば、私は今まで真っ当な店で正しい「うなぎ」というものを食べたことが無い。

日本人としては、この文化を知らないのはまずいと思った。

蕎麦は祖父が戦前神田の藪で修行をしていたので、一通り心得はある。あれは美しい日本の誇る文化だ。落語を楽しむ為にもその背景は必須だ。つゆは半分しか漬けてはならぬ、蕎麦はひと口で手繰れる以上に摘んではならぬ。食べ始めたら一気に無くなるまで休むな。但し途中で薬味で口を整えるのは構わぬ。その為に薬味、山葵を蕎麦つゆに入れてはならぬ。そもそも苦労したつゆの風味が台無しになる。残った薬味、山葵は蕎麦湯と共に味わうのが宜しかろう・・

とは先先代の教えであると共に、落語の蕎麦噺に共通する江戸っ子の教養なのだ。

しかし「うなぎ」となると勝手が違う・・・

ここは勉強の為にも、昔ながらのお品書きをコースで頂きたいと思ったが、コースは二名から、予め鰻のランクを予約しておかないと、取り置きが出来ないとのこと。

 

近くに住む幼馴染に、ご馳走するよと誘ったら、 いいよ、そんなに高いモノは俺も半分出すよ・・・と。

何言っとるのかね、キミは。 こないだ空けたブルゴーニュはもっとずっと高いんだぜ、何本開けたんかい ?   と馬鹿っ話で話はまとまりました。

f:id:jnrd51791:20210915010601j:plain

うなぎを食べに行こう ♬